ジャパンバイオデザインJapan Biodesign

プログラム概要

バイオデザイン

2001年にスタンフォード大学のDr Paul Yock(ポール ヨック 博士)らが、デザイン思考をもとにした医療機器イノベーションを牽引する人材育成プログラムとして開始しました。開発の初期段階から事業化の視点も検証しながら、医療現場のニーズを出発点として問題の解決策を開発し、イノベーシ ョンを実現するアプローチを特徴とするプログラムです。
フェローシップと呼ばれる約1年間のコースには、世界各国から応募があり、18倍を超える高い競争率の中、年間で8名が選抜されます。14年間で40社の起業を実現し、400件以上の特許出願がなされました。また、50万人を超える患者が、本プログラムで創出されたデバイスによる恩恵を受けております。現在、インド、シンガポール、アイルランド、イギリスで導入され、さらには、中国やブラジルをはじめとする世界中で導入が検討されています。

BIODESIGN

BIODESIGN The Process of Innovating Medical Technologies,Yock.Petal.より

ジャパンバイオデザイン

スタンフォード大学と大阪大学、東京大学、東北大学が、プログラムディベロップメントパートナーシップを締結し、大阪大学大学院医学系研究科ならびに国際医工情報センター、東京大学医療イノベーションイニシアティブおよび東北大学大学院医工学研究科が実施主体となり、(一社)日本バイオデザイン学会とともにフェローシップ、クラスおよび各種セミナーを行います。

大阪大学

澤 芳樹

Sawa Yoshiki 澤 芳樹
医学系研究科 未来医療学寄附講座教授
Chairman,
Japan Biodesign Steering committee

八木 雅和

Yagi Masakazu 八木 雅和
医学系研究科 特任准教授
Program Director, Japan Biodesign

山田 憲嗣

Yamada Kenji 山田 憲嗣
医学系研究科 招聘教授
Visiting Professor

冨澤 理恵

Tomizawa Rie 冨澤 理恵
医学系研究科附属ツインリサーチ
センター 特任講師
Academia Faculty, Japan Biodesign

桝田 浩禎

Masuda Hirotada 桝田 浩禎
国際医工情報センター 特任助教
Academia Faculty, Japan Biodesign

東京大学

小野 稔

Ono Minoru 小野 稔
医学系研究科 教授
Japan Biodesign Steering committee

前田 祐二郎

Maeda Yujiro 前田 祐二郎
医学部附属病院 バイオデザイン部門
部門長
Program Co-Director, Japan Biodesign

桐山 皓行

Kiriyama Hiroyuki 桐山 皓行
医学部附属病院 トランスレーショナルリサーチセンター 特任助教
Academia Faculty, Japan Biodesign

田島 知幸

Tajima Tomoyuki 田島 知幸
株式会社Alivas 代表取締役CEO
Assistant Faculty, Japan Biodesign

東北大学

出江 紳一

Izumi Shinichi 出江 紳一
医工学研究科 教授
Japan Biodesign Steering committee

永富 良一

Nagatomi Ryoichi 永富 良一
医工学研究科 研究科長

中川 敦寛

Nakagawa Atsuhiro 中川 敦寛
大学病院臨床研究推進センター 
特任教授
Program Co-Director, Japan Biodesign

瀧 宏文

Taki Hirofumi 瀧 宏文
医工学研究科 非常勤講師
Academia Faculty, Japan Biodesign

原  陽介

Hara Yosuke 原 陽介
株式会社ライフトゥデイ 代表取締役
Assistant Faculty, Japan Biodesign

産業

渡部 眞也

Watanabe Masaya 渡部 眞也
日本医療機器産業連合会 副会長
Advisory board, Japan Biodesign Steering committee

中尾 浩治

Nakao Koji 中尾 浩治 Japan Biodesign Steering committee

西内 大祐

Nishiuchi Daisuke 西内 大祐 Program Co-Director, Japan Biodesign Industrial Faculty

大森 初夏

Omori Sayaka 大森 初夏 Industrial Faculty, Japan Biodesign

Stanford Biodesign

Paul G. Yock

Paul G. Yock Founder, Director, Stanford Biodesign
Japan Biodesign Steering committee

Gordon Saul

Gordon Saul Executive Director, Stanford Biodesign
Japan Biodesign Steering committee

Sandra Waugh Ruggles

Sandra Waugh Ruggles Assistant Director, Innovation Fellowship, Stanford Biodesign

池野 文昭

Ikeno Fumiaki 池野 文昭 Program Director (US), Stanford Biodesign
Advisory Director, Japan Biodesign

Lyn Denend

Lyn Denend Director, Academic Programs,
Stanford Biodesign

Shiqin Xu

Shiqin Xu Course Manager, Stanford Biodesign

Administration

北河 尚芳

Kitagawa Naoyoshi 北河 尚芳
(一社)日本バイオデザイン学会 事務局

外部専門講師

Japan Biodesignプログラムでは、各界から様々な領域の専門家の方々をお招きして、 ご指導をいただいています。(50音順 敬称略)

  • 大下 創MedVenture Partners株式会社
  • 甚上 直子学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン
  • 鈴木 孝司公益財団法人医療機器センター
  • 中村 智幸MedVenture Partners株式会社
  • 秦 充洋株式会社BDスプリントパートナーズ
  • 久野 栄造八田国際特許業務法人
  • 町田 来稀一般財団法人 活育教育財団
  • 宮坂 強サムエルプランニング株式会社

※2020年5月11日~2021年3月5日までにご指導いただいた方のうち、掲載許可をいただいた講師の先生のみ記載です。本プログラムでは、2015年の開始より、これまでに累計33名の先生方に講義をおこなっていただいております。