ジャパン・バイオデザインJapan Biodesign

フェローシップ

概要

10月~7月までの10か月間フルタイムで行う、バイオデザインを通したイノベーション人材育成のコアとなるコースです。大阪大学、東京大学および東北大学それぞれで行うプログラムに加えて、
ジャパン・バイオデザインとして3大学のジョイントプログラムの2つで構成されます。
プログラムは基本的に日本語で行いますが、スタンフォードファカルティによる指導およびスタンフォードでの研修があるため、日本語、英語の2つの言語でカリキュラムを進めます。

募集要項

2017年fellow募集は締め切りました。

2016 フェロー

東北大学

Hara Yosuke, M.D.
原 陽介
(医師)
Kawamura Fumihiko
川村 文彦
(医学系大学院)

東京大学

Takeshita Nobuyoshi, M.D., Ph.D.
竹下 修由 (医師)
Xinyang Li
李 欣陽
(医学系大学院)

大阪大学

Masuda Hirotada
桝田 浩禎
(医師)
Konstantin Shalnov, Ph.D.
(企業 研究職)
Uchida Tomoyuki, Ph.D.
内田 智之
(企業 研究職)
Hazama Shunsuke
狭間 俊介
(企業 研究職)

エクスターンシップ協力企業

フェローシッププログラムでは、シリコンバレーなどの現地企業でのエクスターンシップを 行っており、以下の企業および団体との連携しています。