ジャパン・バイオデザインJapan Biodesign

フェローシップ

概要

10月~7月までの10か月間フルタイムで行う、バイオデザインを通したイノベーション人材育成のコアとなるコースです。大阪大学、東京大学および東北大学それぞれで行うプログラムに加えて、
ジャパン・バイオデザインとして3大学のジョイントプログラムの2つで構成されます。
プログラムは基本的に日本語で行いますが、スタンフォードファカルティによる指導およびスタンフォードでの研修があるため、日本語、英語の2つの言語でカリキュラムを進めます。

募集要項

2016年 fellow 募集(東北大学が募集を開始いたしました)
お申し込みは各大学の下記リンクから

2015 フェロー

東北大学

石原 健也
Ishihara Kenya
石原 健也
企業(医療機器開発部門)
進藤 智彦
Shindo Tomohiko, MD
進藤 智彦
大学院(医学系研究科)
八島 建樹
Yashima Kenji, MS
八島 建樹
大学院(工学研究科)

東京大学

内田 貴之
Uchida Takayuki, MS
内田 貴之
企業(研究開発部門)
桑木 織葉
Kuwaki Oriha, MS
桑木 織葉
大学研究員(企業休職)
田島 知幸
Tajima Tomoyuki, MD
田島 知幸
大学院(医学系研究科)

大阪大学

門脇 功治
Kadowaki Koji, Ph.D.
門脇 功治
企業(研究開発部門)
末竹 寿紀
Suetake Toshinori, MS
末竹 寿紀
企業(研究開発部門)
谷口 達典
Taniguchi Tatsunori, MD
谷口 達典
大学院(医学系研究科)
三輪 和哉
Miwa Kazuya, MS
三輪 和哉
企業(研究開発部門)

エクスターンシップ協力企業

フェローシッププログラムでは、シリコンバレーなどの現地企業でのエクスターンシップを 行っており、以下の企業および団体との連携しています。